たべるの

かまぼこで具沢山の冷たいお蕎麦

2018年5月11日
松前貴子松前貴子

新緑の季節がやってきました。
今年は、春なのに暑い日が続いたりして、ちょっと例年と違う気候のようです。

今月のかまぼこは、「焼」と「しぐれ」。

暑い日に食べたくなる冷たいお蕎麦を、かまぼこを使って具沢山に仕上げてみました。

中華そばでなく、日本蕎麦にかまぼこ、お野菜をたっぷりと載せて、暑い日でも美味しく食べられます。
お野菜や薬味を変える楽しみもありますね。

かまぼこで、暑い日も元気に乗り越えましょう!

今回のテーマかまぼこ
焼き、しぐれ

富山といえば板の付いていない巻きかまぼこが有名です。表面を香ばしく炙った「焼き」と、刻んだ昆布を練り込んだ「しぐれ」。繊細な味わいともちっとした食感が魅力です。大判の太巻、小振りな小巻、用途やお好みでお選び下さい。

コメント