たべるの

親子de料理教室2014レポート(3)

2014年7月25日
たべるの編集部たべるの編集部

子供たちは丸美屋の皆さんと一緒に「おにぎり」を作りました。

丸美屋さんのふりかけや混ぜ込みわかめがズラリ。
好きなふりかけを選んで、思い思いのおにぎりを作りました。

さぁ、子供たち、お母さんやお父さんたち、それぞれのおかずと、おにぎりができました。

お弁当箱に詰めて「親子弁当」を完成させましょう。

お弁当って「詰め方」に違いがでますよね。
同じメニューでおかずを作っているのに、出来たお弁当はそれぞれ個性的。

今回、主催者側にちょっとした計算ミスがありました。
実はわたし達が考えるより遥かに早く子供たちの調理実習が終了したこと。
子供たち全員が、自分の力で、てきぱきと卵を焼いたり片付けをしたり。
ですので、手が空いた子供たちは、親の調理実習を楽しそうに見学していました。
その子供たちの姿が、お教室が始まる前より大人びて見えたのは、
料理ができた自信の表れ…かも知れませんね。

料理は家族にとって、最高のコミュニケーションの手段です。
そして食卓はコミュニケーションの場。
親子が料理を通して会話をすれば、自ずとそこには笑顔が生まれます。

さぁ、今度はおうちで料理にチャレンジして、家族みんなを笑顔にしてあげてくださいね!

丸美屋presents 「親子de料理教室2014」
主催:株式会社たべるの、丸美屋食品工業株式会社
協力:東京ガス株式会社

コメント