たべるの

おいで悲しみを脱ぎ、生まれたままのわかめで

2019年3月7日
流人★てりー流人★てりー

料理の腕もアイディアも無いままアレンジに挑戦した未熟者の私でしたが、先日の味わかめキャベツの惨劇にショックを受け、もっとシンプルにありのままの、生まれたままの味わかめを楽しむべきだと気付きました。

では、寂しいオッサンも侘しい若者も楽しめる、特に工夫の跡もない、運転手はお米で車掌は味わかめ的ラインナップを楽しんでみましょう!(←少しヤケクソ)

作品其の壱:かつおだし味わかめ焼きめし

これは美味い!そして、失敗しようがありません!
作り方は…普通に炒飯です(笑)
最初に油と一緒にマヨネーズを熱することでパラパラに仕上がりました~。

作品其の弐:しそ味わかめ醤油焼きめし

しその香りと醤油の香ばしさがフュージョン、実に深い味わいです。
作り方は…味わかめがしそ風味なのとやや醤油の比率が多いこと以外全く同じです!

作品其の参:ワカメオムライス

焼きめし部分の味わかめを控えめにしてケチャップ主体の味付け、その代わり薄焼き卵に味わかめを仕込みました。
画像ではわかりにくいので、親切にケチャップでわかめを強調してあります(おい)。
ちなみに私は「ケチャッピー芸術書道協会」の会長でもありますが、会員は誰もいません。

作品其の四:しそ味わかめ玉子かけご飯

ご覧の通りです。
玉子かけごはんが「TKG」なら、さしずめ「AJWKMTKG」と言ったところですが、長すぎるしわかりにくすぎるので略称としては機能していません。

作品其の伍:しそ味わかめなったまご飯

味わかめ玉子かけごはんにとどめの納豆を追加しました。
ここまでくると逆に豪華ですらあります。
略称は「AJWKMNTTKG」ですが…もはや暗号です。

そろそろ、必殺のフィニッシュ技を出す時間となりました。
驚きの丸美屋合体技をお見せしましょう!

作品其の六:しそ味わかめ&しその香姫~香りのツープラトン

世界中の誰もが予想しなかった、しそ味わかめとしその香姫の夢の競演です。
さりげなくど真ん中に小梅なんか乗せちゃったりなんかして、お洒落さ加減半端無い!
その上、食べると唾液の分泌も良くなり、含まれる全ての栄養素を吸収出来そうです。
夢の競演と言えば昆布とわかめが話題になりましたが、こちらも負けてません笑

…少々悪乗りが過ぎました。
憤りを感じてらっしゃる皆様には何もかも忘れていただき、炊き立てご飯に味わかめをふりかけて食べてみてください。
ありのままの、生まれたままの味わかめの素晴らしさが、奪い取られた何かを取り戻し、とらわれている明日を解き放すことでしょう。

(文中フレーズの一部に敬愛する山川啓介氏の名作を無断流用していますが悪意はありません。)

ではまた、Good Eating!

今回の課題
丸美屋 「ソフトふりかけ 味わかめ<かつおだし>」 「ソフトふりかけ 味わかめ<しそ>」
丸美屋 「ソフトふりかけ 味わかめ<かつおだし>」 「ソフトふりかけ 味わかめ<しそ>」

わかめそのものを鰹だし/しそで味付けし、しっとりと仕上げたふりかけです。素材の香り立つ味わいが楽しめて、ごはんはもちろん、薬味や和え物、炒め物など、幅広いメニューにお使いいただけます。<かつおだし>わかめを鰹だしでやわらかく炊きあげました。鰹削り節、白胡麻入りです。<しそ>やわらく炊きあげたわかめをしそで味付けました。赤しそ、白胡麻入りです。メンバーの皆さんには、ごはんに混ぜ込んで、鰹だし/しその風味が効いたわかめごはんを楽しんでいただいた後、いろいろなお料理に活用していただきます!

コメント