たべるの

ドリア気分で麻婆豆腐

2018年12月25日
流人★てりー流人★てりー

麻婆豆腐ファーストチャレンジではついつい3人前を食べ切ってしまった私ですが、特に大満足したのは麻婆ライス。
第二弾は麻婆丼と行きたいところでしたが、麻婆ライスとの違いがわからないのでやめました笑。

ぶっかける以外にご飯と丸美屋麻婆豆腐の組み合わせは無いものかしらと考えたところ、麻婆豆腐の色が意外にイタ飯っぽいことに気づき(←そこ?)、ドリアにしてみようかと!

さっそく、パッケージの掟より水の量をいささか控えめにして、豆腐を規定量の半分にし、代わりにひき肉をドリア~と追加。
そしてバターと混ぜた軽めのバターライスを耐熱容器に敷き詰め、上からひき肉たっぷり麻婆豆腐をドリア~とぶっかける!(結局ぶっかけます。)
あとはオーブントースターで焼くこと15分

できました。
見た目は予想に違わない残念さですが、食感と味はどうでしょう?

熱っ!…まずは火傷に気をつけろ!(←食感でも味でもない)
実は豆腐が焼かれて焼き豆腐みたいになることを期待したのですが、焼き豆腐と言うよりは表面乾き気味の「だらしない豆腐」になってしまいました。
畑の牛肉などと名声をほしいままにしている豆腐のくせに「だらしない」のはいけません。

しか~し!見かけがだらしなくても味はなかなかのものでした。
増量したひき肉と無敵の丸美屋麻婆豆腐ソースが焼けることで香ばしさも増量(した気が)します。
そして、隠れて敷き詰められたご飯と麻婆豆腐が、ただぶっかけた時よりも実に一体感があり、存外絶品!
たとえるなら、「丸美屋すきやき」を素直にご飯にふりかけるのと、炒飯の仕上げに使うくらいの違いです(…あれ?どっちも美味い。)

ま、見た目よりはかなりの成功(と言い切る)でしたが、12/17のY.U.さんのレポートのように厚揚げを使ったら、見た目のだらしなさが改善されたかもしれません。

世の習いに「押しても駄目なら引いてみろ」と言いますが、今回、「迷った時には焼いてみろ」という新たな教訓を得ることができました。

ところで話は変わりますが、丸美屋麻婆豆腐の素のパッケージで「おかわり!」と叫んでる女の子の正式なお名前をご存じの方はいらっしゃいませんか?
私、勝手に『麻婆丸美ちゃん』と呼んでます(おい)。

作品名:麻婆丸美ちゃん、焼く

ほいじゃまた、Good Eating!

今回の課題
丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>
丸美屋 麻婆豆腐の素<中辛>

豆板醤(トウバンジャン)の辛味に、生姜とにんにくの旨味と風味をお楽しみいただけます。豆腐をおいしくする丸美屋独自の調味料を組み合わせた長年愛され続けている味です。今回は麻婆豆腐の素<中辛>を使ったアレンジレシピをご紹介します。また、今回は<中辛>に加えて、大人チームには辛さの中にコクと深みが味わえる<辛口>、子供チームにはやさしい口当たりとまろやかな味わいの<甘口>をお届けして、みなさんの食卓レポートをご紹介します。


こちらもお届け
丸美屋 春雨で楽しむ<鶏白湯鍋の素>
丸美屋 春雨で楽しむ<鶏白湯鍋の素>

コクのある鶏ガラベースに生姜の風味を効かせた濃厚な味わいに仕上げました。しっかりとした味付けで春雨や野菜をたっぷりおいしく食べられます。


おもち亭 おもちとからめて!<栗あんの素>
おもち亭 おもちとからめて!<栗あんの素>

栗を贅沢に使用した、栗本来のコクと甘さが楽しめる風味豊かな栗あんです。おもち以外に、白玉だんごやパン、アイスにもよく合います。栗きんとんのあんとしても便利です。

コメント