たべるの

「贅を味わう」はほんとに贅だった

2018年7月5日
川上浩志川上浩志

久しぶりに参加させていただく「たべるの」、今回は「大人の丸美屋、子供の丸美屋」ということで、大人な演出をお届けできればと思います。
さて、初回のお題は「贅を味わう 丸美屋 回鍋肉の素」です。贅を味わう?豆板醤・甜麺醤・豆鼓醤使用?さらに花椒付、期待が高まります。

まずはパッケージに記載の調理方法通りに、食材を揃えます。しかし、既にここでアレンジ魂が、笑。
内容量が100gと少し多めに感じたので、長ねぎをたっぷりと準備しました。また、じっくりと炒めて甘みを引き出したく、大きめの斜め切りに。キャベツは手で千切りました。豚肉は普通の品、スーパーで買ってきたものを、こちらも少し大きめにカット。

では、いよいよ炒めに入ります。調理方法によれば中火とのこと。まずは豚肉から。
ほどよく炒めたところで、長ねぎだけを投入。キャベツは後回しです。ほんとは野菜を一気に投入するようです。

長ねぎにも炒め色が入り、少し柔らかくなってきたところにキャベツを入れて、一気に炒めあげます。そして一度火を止めて、回鍋肉の素を入れます。かなり濃度が高め、さらに色も濃いめ。調理方法では全体が温まる程度に炒め合わせればよいとのことですが、少し煮詰めるような感じで、ゆっくりと火を入れてみました。良い香りが上がってきます。
最後に花椒をふりかけ、全体をさっくり混ぜ合わせて完成。揚げ春雨の上に盛り付けてみました。

では実食!美味しい、思わず笑みがこぼれます。
3種の醤、いや豆板醤は2種使用とのことなので、4種の醤が味・香り・コクを演出してくれます。ほんと「贅を味わう」ですね。
あわせたワインはコンビニでアンダー千円、でも安心のコンチャ・イ・トロのナイトハーベスト。シラーを主体とした果実味が醤の味わいとマリアージュしてくれます。
とても満足なディナータイムでした。

最後に、パッケージの紙の箱、上の部分がミシン目になっているのは普通。こちらは下の部分もミシン目になっており、紙ゴミとしての片づけも簡単に行うことができました。こういった気づかい、うれしいですね。

今回の課題
「贅を味わう『回鍋肉の素』」
「贅を味わう『回鍋肉の素』」

ご家庭で手軽に本格中華が楽しめる「贅を味わうシリーズ」。「回鍋肉の素」は、長期熟成豆板醤、甜麺醤、豆豉醤を使用したコク深い辛さとスパイシーな香り高さが魅力です。基本の回鍋肉はもちろん、「回鍋肉の素」を使ったアレンジレシピをご紹介します。

コメント