たべるの

シンプルにいってみよう

2018年10月16日
川上浩志川上浩志

丸美屋さんの商品と言われて、まず思いつくのが「麻婆豆腐の素」と今回の「とり釜飯の素」。このところの冷え込みもあり、釜飯が美味しい季節となってきましたね。

さて、最初の課題は「基本に忠実に」とのこと。ここはアレンジ魂を抑え、パッケージの記載に従います。まずお米と水を規定量準備して、釜飯の素を投入。この時点で美味しそうな香りにノックアウトされそうになります。でも、はやる気持ちを抑えて炊き上がるのを待ちます、待ちます、待ちます、ピーッ!炊き上がったぁ♪

さぁさぁ、熱々の釜飯を器によそい、彩りと香り付けで大葉をトッピング。さらに、炊き上がるまでの間に準備した秋刀魚の塩焼きもスタンバイ。美味しい、美味しい、炊飯器にお米とお水と釜飯の素を入れて、スイッチを押しただけなのに、なんて美味しいのでしょう。

ふと気づくと炊飯器の底にはおこげもできています。釜飯といえばおこげですよね。もちろんしっかりいただきます。おこげ、おこげ、おこげ、、、ん?アレンジ料理が浮かんだような(笑)

今回の課題
丸美屋 とり釜めしの素
丸美屋 とり釜めしの素

具材は、主役の鶏肉と、にんじん・筍・椎茸・わらび。鶏肉の旨味と、野菜や調味料の旨味がぎゅっと詰まった味わい深い釜めしの素です。といだお米に混ぜて、炊飯器で炊くだけで、ご家庭で手軽に「釜めし」が楽しめます。釜めしがパーティーの主役になるアレンジレシピもご紹介します。


こちらもお届け
丸美屋 たれサクふりかけ<えび天味>
丸美屋 たれサクふりかけ<えび天味>

今までにない新提案!の、「たれ」と「具材」がセットになった「たれサクふりかけ」シリーズ。<えび天味>は、“サクサク食感のえび天と鰹削り節が入った具材”と、“鰹や昆布の旨味を効かせた甘辛たれ”が相性抜群でごはんにぴったり。かけるだけで簡単だから、忙しい朝や昼、小腹がすいた時などに便利です。


丸美屋 ほぐしサラダチキン ミックスビーンズ入り<プレーン>
丸美屋 ほぐしサラダチキン ミックスビーンズ入り<プレーン>

「ほぐしサラダチキン」は、味付きソース入りだからドレッシングいらず!ミックスビーンズが入ってボリュームもたっぷり。お好みの野菜と和えるだけで、ごちそうサラダが手軽に作れます。国産鶏肉使用。常温保存OK!アイディア次第でアレンジもいろいろな料理にご活用ください。

コメント