たべるの

チーズタッホイコー

2018年8月1日
川上浩志川上浩志

中国と韓国、近いよね、同じアジアだよね!これまで豚肉と羊肉を使ってきたから、そろそろ鶏肉も食べたいよね!!麻(マー)な辛さと辣(ラー)な辛さ、大きくいえば辛いってことだよね!!!
という安易な発想で思いついたのが、チーズタッカルビの回鍋肉バージョン。

回鍋肉はどうしても見た目が茶色くなりますよね。そこで彩りにと思ってプチトマトと黄パプリカが登場。
暑い日を乗り切るためには良質のたんぱく質も欲しい。ということで厚揚げも投入。
食感も楽しみたいよね。で、砂肝を投入しようとしたけれど。。。まさかの品切れ。ということで、急遽鶏もも肉で代用することにして、材料を集めてきました。

それらを手際良く(?)炒めていき、真ん中にチーズを投入。彩り野菜も添えて、フタをしてチーズがとろけてくるのを待ちます。
ここで気づいたことがあります。そう、緑がない(笑)あー、前回のラム回鍋肉を真似て、ブロッコリーも入れれば良かった(手遅れ)

とにもかくにも無事完成。お味も間違いなしの「贅を味わう」シリーズ!まずはビールで乾杯♪

美味しく食べ進めてると、ビールなんてあっという間。さて、ワインにしようか、それとも。。。
そうだっ、味噌の香ばしい香りには泡盛の香ばしい香りが合うかも。ということで琉球泡盛「まさひろ」が登場。ラベルが緑なので、ブロッコリーの代わりにもなったかな?グラスも涼やかで、見た目にもいいですね。

意外に美味しかったチーズタッホイコー。チーズが辛さを和らげてくれるので、お子様でも行けるのでは?
この夏 リピートしそうです。

今回の課題
「贅を味わう『回鍋肉の素』」
「贅を味わう『回鍋肉の素』」

ご家庭で手軽に本格中華が楽しめる「贅を味わうシリーズ」。「回鍋肉の素」は、長期熟成豆板醤、甜麺醤、豆豉醤を使用したコク深い辛さとスパイシーな香り高さが魅力です。基本の回鍋肉はもちろん、「回鍋肉の素」を使ったアレンジレシピをご紹介します。

コメント