たべるの

家族で色々回鍋肉の素アレンジ大試食会♪

2018年7月31日
太田美津枝太田美津枝

3回目のレポートは、せっかくなので、食いしん坊な家族にも食べてもらおうと、
太田家ファミリーのグループラインに「丸美屋の回鍋肉の素をつかったアレンジレシピを考えているのだけど…アイデア募集!」と投げかけてみました。
するといろんな意見が…

7月某日曜日、都合がついた母と義姉と弟と小学5年生の姪っ子で大試食会は開催されました。
そして結局「チーズダッカルビ風」と「肉味噌のレタス包み」そしてアレンジして「肉味噌ピザ」の三品を作りました。

肉味噌はもうすでにY.U.さんの万能肉味噌や、AKIKOさんのガパオや冷やし担々麺でも発表されていますが、やはりみんな考える事はおなじですね。
義姉にはありきたりなのでは?と言われながらも作ったらやはり予想以上に美味しく、義姉も弟もお酒も進んでご機嫌な様子♪

「肉味噌のレタス包み」

合挽挽き肉と椎茸、竹の子、なすを1cm角に切って炒め、回鍋肉ソースを加え、はちみつを少々加えるだけです。レタスに包んで食べると最高です。

そしてアレンジしたのが「肉味噌ピザ」。ピザ生地に回鍋肉の素を塗ってから肉味噌を乗せ、その上にピーマンの輪切りを乗せて、ピザ用チーズを沢山乗せてオープンで焼きます。

肉味噌とチーズのハーモニーが美味しくって、小学生の姪っ子にも喜んでもらえました♡
肉味噌は沢山作って保存しておけば色んなものにアレンジ出来て便利かも♪
そして最後に
「チーズダッカルビ風」


こちらは鶏のモモ肉を玉ねぎ1/2と白ネギ1/2とともに食べやすい大きさに切って、
回鍋肉の素にしばらくつけ込み、キャベツ3枚、じゃがいも1つを刻んで入れ、水を200CC、はちみつ少々投入して煮込みます。10分程煮込んだら、最後にとろけるチーズ100g入れて蓋をして溶かします。
 
とにかくこの回鍋肉の素とチーズとの相性が抜群によく、ピザも、チーズダッカルビも大成功!!
(というか失敗はないんですよね…ソースがよくできているので…)
花椒パウダーをかけるとなお、薫り高くなり絶品でした。
ビールとの相性はもちろんですが、果実味の強いスペインワインのスクレアド3との相性もピッタリで1本あっという間に空いてしまいました。

味にうるさい食いしん坊な太田家の面々ですが、本格ソースのおかげで大満足の試食会となりました。

今回の課題
「贅を味わう『回鍋肉の素』」
「贅を味わう『回鍋肉の素』」

ご家庭で手軽に本格中華が楽しめる「贅を味わうシリーズ」。「回鍋肉の素」は、長期熟成豆板醤、甜麺醤、豆豉醤を使用したコク深い辛さとスパイシーな香り高さが魅力です。基本の回鍋肉はもちろん、「回鍋肉の素」を使ったアレンジレシピをご紹介します。

コメント