たべるの

秋の恵み♪木の子づくしとひじきのとり釜めし

2019年9月24日
太田美津枝太田美津枝

台風が近づいてきている3連休の初日。
秋の香りを感じられる夜ご飯。
今夜は秋を感じる夜ご飯に決めてました♪
今年の秋刀魚は痩せっぽちで残念でしたが…
釜めしは、具沢山にして充実させました♪

昨年の釜めしの課題の際は、具を追加せずにそのまま炊いたのですが…
味が濃すぎたので、今回は木の子や他の具材も大量追加投入。

スーパーで安くなっていたしめじと平茸。
そして里芋にひじきも追加して秋らしくしました。

【材料】

お米 白米1合、玄米1合、もち麦50g
平茸 1/2パック
しめじ 1/2パック
里芋 2個
乾燥長ひじき 4g
丸美屋「とり釜めしの素」 1袋
絹さや 少々

【作り方】

  1. お米を洗ってつけておき、木の子、里芋は、1cm角程度に切っておく。
  2. お米を研いだら、分量どおりの水を入れて、しばらくつけておうて、上記具材を投入。
  3. 玄米炊飯の時間でセットして炊けたら、15分程蒸らす。
  4. 器によそったら軽くゆでたきぬさやを彩りに添えて出来上がり。

今月の大人課題

とり釜めしの素

とり釜めしの素

といだお米に混ぜて炊飯器で炊くだけ!具材は、主役の鶏肉と筍、にんじん、椎茸、わらび。鶏肉の旨味と、野菜や調味料の旨味がぎゅっと詰まった味わい深い釜めしの素です。

今月の子供課題

五目釜めしの素

五目釜めしの素

といだお米に混ぜて炊飯器で炊くだけ!具材は、にんじん、こんにゃく、鶏肉、筍、れんこん、ごぼう、椎茸、油揚げ。鶏肉や野菜、調味料の旨味が楽しめる、ボリュームたっぷりの釜めしの素です。

コメント