たべるの

手抜きも徹底することに意味がある?

2019年7月25日
川上浩志川上浩志

すっかり出遅れてしまいました。
その割には、内容が薄っぺらくて、薄っぺらくて。。。(泣)
スーパーなどでよく見かけるやきそばの麺、ちょっとした時に便利なので、時々買ったりしているのです。それが今回の食材にピッタリかも。

やきそばの麺も本当は湯煎したり、蒸し直したりして、ひと手間かけるだけで美味しくなるのでしょうが、ここは手間を徹底的に省く野郎料理、水でほぐすだけ(汗)そして、「かけうま麺用ソース」をぶっかけます。以上!

麻辣味系のソースにもかかわらず、合わせてみたのはナチュールの白ワイン。ラベルは可愛いのか、はたまた。。。(笑)ある程度のコクがあるワインなので、なにげのマリアージュ♪美味しくいただけました。

今月の大人課題

かけうま麺用ソース<麻辣麺の素>

かけうま麺用ソース<麻辣麺の素>

具材がしっかり入っている「かけうま麺用ソース」。かけるだけの簡単調理で温めも不要です。
<麻辣麺の素>は、ひき肉、大豆そぼろ、唐辛子がしっかり入った食べ応えがあるソース。花椒のしびれるような「麻」の辛さと、豆板醤・唐辛子のビリッとする「辣」の辛さに肉の旨味が効いた“旨辛”な味わいが楽しめます。

今月の子供課題

かけうま麺用ソース<ジャージャー麺の素>

かけうま麺用ソース<ジャージャー麺の素>

うどんやそうめん、中華麺など、お好みの麺で作れる「かけうま麺用ソース」。
<ジャージャー麺の素>は、ひき肉、筍、椎茸、大豆そぼろが入った具だくさんのソース。赤味噌・甜麺醤をベースにチキンと豚骨のスープで旨味を効かせ、コク深い味わいに仕上げました。味噌のコクが楽しめるまろやかな味わいです。

コメント