たべるの

丸美屋アレンジをさらにアレンジした挙句の一天地六

2019年4月22日
流人★てりー流人★てりー

沢樹大先生の丸美屋アレンジ『ささみと「のっけるふりかけ<和風ツナマヨ>」の揚げない春巻き』を読んで、春巻きを食べたくなった私。

しかし、こちらは梅おかか。
和風ツナマヨではないという根本問題にいきなりぶち当たりました。
まあ私の場合、レシピに忠実に作ったところできっと全く別のものができてしまうことが予想されるので、色々と適当にアレンジ(という名の行き当たりばったり)をしてみます。

具体的なアレンジ点は…
ささみ⇒鶏むね肉
のっけるふりかけ〈和風ツナマヨ〉⇒のっけるふりかけ〈梅おかか〉
大葉⇒売り切れてたので小葱と海苔
スライスチーズ⇒あ、忘れた…

レシピを見ながらレシピを無視した結果がこれです。
とどめのレシピ無視は…『揚げてます(おい)』笑

でも、それなりに美味しくいただけたのは、ひとえに沢樹さんと丸美屋さんのおかげでしょう!(と、誤魔化しきる)

揚げてしまった春巻きで少々アブラギッシュになったので、簡単にさっぱりメニューも添えてみます。

豆腐にのっける梅おかか(おかか増し)!
素直に美味しいです。
どうも私の場合、手を加えなければ加えないほど美味しかったりするところが悩ましいです。

おまけに厚揚げにものっけてみました。

絵的に違う感じが欲しかったのでちょろっと遊んでみました。
どうも私の場合、人生も料理も行き当たりばったりの博打っぽいところがあるのでそれを表現して…と言うのはあとから思いついただけです。

♪所詮この世は一天地六 美味しきゃいいのさ丸美屋人生~
ではまた、Good Eating!

今月の大人課題

のっけるふりかけ<梅おかか>

のっけるふりかけ<梅おかか>

具材を丁寧に煮込み、素材のおいしさを引き出した「のっけるふりかけ」。
<梅おかか>は、旨味たっぷりのおかかに、さわやかなしそ風味の梅肉を合わせました。刻み昆布も入った、ごはんがすすむおいしさです。野菜やパスタとの相性も抜群!お酒のおつまみなどアレンジが広がります。

今月の子供課題

のっけるふりかけ<ツナマヨ>

のっけるふりかけ<ツナマヨ>

しっとりとした食感とたっぷり具材の「のっけるふりかけ」。
<ツナマヨ>は、ほぐしたツナフレークをクリーミーなマヨネーズ味に仕上げました。隠し味として鰹節を加えた、ごはんに良く合う和風仕立てのおいしさです。パンやパスタなどいろいろなアレンジが楽しめます。

コメント