たべるの

とにかくのっけてみましょうか?

2019年4月17日
川上浩志川上浩志

「旨味たっぷりのおかかに、さわやかなしそ風味の梅肉」ということで、少しこってりしたお料理にも合うのかな?というのが第一印象。
ちなみに「こってり」とか「脂っこい」という言葉ですが、讃岐弁では「むつごい」っていうんです(余談、笑)。

そんなある日の午後、たまたま観てたTVでは餃子が特集されているじゃないですか。ジュウジュウという音、油にきらめく餃子の皮、そして流行りの羽根がパリパリで美味しそう!この時点で心に決めました。今日の夜は餃子、それもこってりだけでなく、あっさりと味わいたい。

画像ではちょこんとのっけているだけですが、餃子の餡にしっかり味付けできていれば、この程度でも十分美味し。餡の味付けもあっさりの場合は、もっとたっぷりのっけると、味わい倍増、いやそれ以上。これ、はまります。脱餃子のタレ、脱酢醤油宣言です♪

今月の大人課題

のっけるふりかけ<梅おかか>

のっけるふりかけ<梅おかか>

具材を丁寧に煮込み、素材のおいしさを引き出した「のっけるふりかけ」。
<梅おかか>は、旨味たっぷりのおかかに、さわやかなしそ風味の梅肉を合わせました。刻み昆布も入った、ごはんがすすむおいしさです。野菜やパスタとの相性も抜群!お酒のおつまみなどアレンジが広がります。

今月の子供課題

のっけるふりかけ<ツナマヨ>

のっけるふりかけ<ツナマヨ>

しっとりとした食感とたっぷり具材の「のっけるふりかけ」。
<ツナマヨ>は、ほぐしたツナフレークをクリーミーなマヨネーズ味に仕上げました。隠し味として鰹節を加えた、ごはんに良く合う和風仕立てのおいしさです。パンやパスタなどいろいろなアレンジが楽しめます。

コメント