たべるの

ささみと「のっけるふりかけ<和風ツナマヨ>」の揚げない春巻き

2019年4月19日
沢樹舞沢樹舞

【材料】(4本分)

ささみ 4本(約200g)
「のっけるふりかけ<和風ツナマヨ>」 大さじ2
春巻きの皮 4枚
スライスチーズ 4枚
大葉 4枚
片栗粉 大さじ1
胡麻油 適宜

【作り方】

  1. 鍋に600ccの水を入れ火にかけ、沸騰したらささみを入れます。再び沸騰したら火を止めて、ふたをして12分そのまま余熱で火を入れます。
  2. ささみを取りだし、斜めのそぎ切りにします。
  3. 春巻きの皮の中心より少し手前に大葉、スライスチーズの順に乗せ、その上に1本分のささみを横長に置きます。
  4. ささみに「のっけるふりかけ<和風ツナマヨ>」大さじ1/2を塗り、手前から巻いていきます。
  5. 巻き終わりの部分に片栗粉を同量の水で溶いた「のり」を薄くつけて止め、ハケで春巻きの表面に胡麻油を塗ります。グリルで6分加熱し、表面にこんがりとした焼き色が付いたら出来上がり。

今月の大人課題

のっけるふりかけ<梅おかか>

のっけるふりかけ<梅おかか>

具材を丁寧に煮込み、素材のおいしさを引き出した「のっけるふりかけ」。
<梅おかか>は、旨味たっぷりのおかかに、さわやかなしそ風味の梅肉を合わせました。刻み昆布も入った、ごはんがすすむおいしさです。野菜やパスタとの相性も抜群!お酒のおつまみなどアレンジが広がります。

今月の子供課題

のっけるふりかけ<ツナマヨ>

のっけるふりかけ<ツナマヨ>

しっとりとした食感とたっぷり具材の「のっけるふりかけ」。
<ツナマヨ>は、ほぐしたツナフレークをクリーミーなマヨネーズ味に仕上げました。隠し味として鰹節を加えた、ごはんに良く合う和風仕立てのおいしさです。パンやパスタなどいろいろなアレンジが楽しめます。

コメント